スウィートドーナッツ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-26

少年少女飛行倶楽部-加納朋子

| 少年少女飛行倶楽部-加納朋子 - スウィートドーナッツ を含むブックマーク はてなブックマーク - 少年少女飛行倶楽部-加納朋子 - スウィートドーナッツ

少年少女飛行倶楽部

少年少女飛行倶楽部

中学1年生の海月が幼馴染の樹絵里に誘われて入部したのは「飛行クラブ」。メンバーは2年生の変人部長・神、通称カミサマをはじめとするワケあり部員たち。果たして、空に舞い上がれるか!?私たちは空が飛べる。きっと飛べる。かならず飛べる。空とぶ青春小説。

こうゆうの好きー!とみんなに叫んでまわりたいくらい好きな作品。すっごいツボでした。

本屋でタイトル見た時から絶対面白いだろ!と思ってて(だって少年少女が飛行だよ!倶楽部だよ!)、しかも作者は加納さんだしこれは!と思ってたけど、ほんとに面白かったー。

最後の数ページは読み終わるのがもったいなくてもったいなくてでもテンション高いまま一気に読んでしまった。

中学生が主人公ということで加納さんの優しい作風が生かされてます。個性的な登場人物が面白い!

最後のオチもかわいくてよいし読後感も素晴らしい。これはぜひ読んで欲しい!

訪問者-恩田陸

| 訪問者-恩田陸 - スウィートドーナッツ を含むブックマーク はてなブックマーク - 訪問者-恩田陸 - スウィートドーナッツ

訪問者

訪問者

☆舞台を見るような会話とドラマが静かに謎を運ぶ!

山中にひっそりとたたずむ古い洋館――。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死したためであった。晩餐の席で昌彦の遺言が公開される。「父親が名乗り出たら、著作権継承者とする」孤児だったはずの昌彦の実父がこの中にいる? 一同に疑惑が芽生える中、闇を切り裂く悲鳴が! 冬雷の鳴る屋外で見知らぬ男の死体が発見される。数日前、館には「訪問者に気を付けろ」という不気味な警告文が届いていた……。果たして「訪問者」とは誰か? 千沙子と昌彦の死の謎とは? そして、長く不安な一夜が始まるが、その時、来客を告げるベルが鳴った――。嵐に閉ざされた山荘を舞台に、至高のストーリー・テラーが贈る傑作ミステリー!

久々に恩田さんらしい作品だったなー。だから私は恩田さんが好きなんだと納得できる出来。退屈せずに一気に読めた。しかもラストが尻つぼみじゃない!wドラマみたいなストーリー展開!面白かった!

活字離れ

| 活字離れ - スウィートドーナッツ を含むブックマーク はてなブックマーク - 活字離れ - スウィートドーナッツ

してました!だって小説が全然読めなくて!!漫画ばっかり読んでました。

最近は図書館の本もせっかく予約して借りても期限がきてそのまま返すってことが続いてたんだけど、上の二作は久々にちゃんと読めたよ!わーい!

無駄に本だけは買ってるのでがんばってまた読んでいきたい。

せっかくサインしてもらった有川さんの植物図鑑もまだ読めてないのに今朝本屋で新刊出てるの見ちゃったし><